プールで心も体も爽快に!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

体重を落としたいもし体重を落としたいのであれば、まずは最初の数か月はプールを使うことをお勧めします。理由は、重くなってしまった体での急激な運動は、ひざや腰を痛める原因になるからです。プールの浮力をうまく使い、ひざに負担がかからないよう筋肉をつけていきましょう。プールの中は、水圧もあり、陸で運動するよりも血流がよくなり飛んだり跳ねたり歩いたりするだけで体中の老廃物のデトックス効果があります。女性の天敵セルライトもガツンとやっつけてくれますよ。

それに、同じ時間同じように歩いても陸よりも水中で歩く方が断然消費カロリーは上です。浅すぎたり狭すぎるプールでは効果がないので、自分の胸ぐらいの水深があることを事前にチェックしましょう。その他に気を付けるべきポイントは速度と呼吸です。筋肉には速筋と遅筋の2種類があります。速筋は瞬発力を発揮するための太い筋肉で、遅筋はしなやかで柔らかく細い筋肉です。柔らかいしなやかな体を目指すなら、ゆっくりとした動作と腹式呼吸に意識を向けて運動を行ってください。

また、プールで1人で歩いてもつまらないなぁと思うのであれば、アクアビクスなどプールを使ったクラスが充実しているフィットネスクラブを選ぶのもいいでしょう。水中で踊ると信じられないほど疲れて、1時間たったころにはぐったりです。

参考_フィットネスクラブ|MEGALOS
└プールメニューの豊富なフィットネスクラブのサイトです。

 

フィットネスクラブの選び方

フィットネスクラブを決めるときは、必ず体験に行きすべてを自分の目で見て体験してからにしましょう。私は、プールに入りたくてフィットネスクラブに入会したことがありますが、塩素のにおいがすごすぎて結局使えず行かなくなってしまった苦い経験があります。プールの広さは事前に確認していたのですが、臭いは盲点でした。

体験決めるときに注目すべきは、雰囲気と機材の豊富さ、自分がやりたいマシンやクラスが自分が通える時間にやっているか、シャワールームや機材が衛生的かどうかです。仕事帰りに通うのであれば、タオルがレンタルできるかや靴を置かせてもらえるかも確認するポイントでしょう。もちろん、通勤途中など通いやすい場所、余計に交通費がかからない場所のほうが長続きする傾向にあります。フィットネス後はきっとシャワーを浴びるので、すっぴんでもさっと帰れる場所がいいですね。

フィットネス初心者の方は、パーソナルトレーナーがいるかも気にしてみてはいかがでしょう。学校の体育や部活でやっていた運動方法が正しいとは限りません。スクワット1つにしても意外と間違っているものです。慣れるまではパーソナルトレーナーと二人三脚で行った方が早くに効果を体感できますよ。

フィットネスで汗をかこう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

フィットネスクラブいつも職場と家の往復ばかりで運動不足になっていませんか?フィットネスをしよう!と思っても、天候が悪かったり時間が遅くなったりとなかなか思うように続けられずやめてしまう方も多くいます。そんな人には、フィットネスクラブがお勧めです。24時間営業だったり、大きな駅では駅直結のフィットネスクラブもあり、めんどくさがりやさんでも続けられます。フィットネスクラブには、筋トレマシーンやルームランナーだけでなく、さまざまなプログラムがあり会員を飽きさせません

最近では、女性向けのホットヨガの人気がアップしています。激しい運動ではないので年齢に問わず行えますし、リラックスしながらじわじわと汗をかくので終わった後の爽快感がたまりません。冷え性改善、美肌効果も期待でき、うれしさ倍増です。体を癒しながらじっくりと汗をかくことで精神も癒され心も体も解放的になります。

しっかりと体を鍛えて筋力アップしたい方は、エアロビクスやズンバなどのアクロバティックなダンスクラスや、ダンベルを用いたクラスを取るのがいいでしょう。踏み台昇降運動とダンベルを使いリズムに乗って踊るのは、楽しくてあっという間ですが全身が筋肉痛になりしなやかな体作りに効果的です。もちろん自宅でのフィットネスではダメだということではありません。最初は相談できるトレーナーと一緒に正しい鍛え方を覚え、効率よく鍛えられる筋トレマシーンを使い、いろいろなクラスを受けることで飽きずに長く楽しく続けられると思います。